防草シートの敷き方

防草シートの性能だけではなく、防草シートの工事内容により防草の効果が大きく変わります。
現場により違いはございますが、可能な限り基本ルールに準じて工事を進められる事をお勧めいたします。

施工前の現場

現場に応じた防草シート、高性能な防草シートを用意しても、施工方法に不備があると瞬く間に雑草が生えてきてしまいます。
雑草を抑えるには防草シート選びも大切ですが、施工方法も同じくらい大切なことです。
では正しい防草シートの敷き方とはどういった手順なのか、写真付きで分かりやすく解説致します。

施工フロー

①草刈り・整地
②シートの重ね部分の処理
③アンカーピンの打設
★アンカーピンの選び方

防草シートをしっかり固定するために必要です。
当社の固定ピンは鉄製なので非常に丈夫で、錆びることで支持力が増し抜けにくくなります。固い地盤やアスファルトに適したものなど様々な種類のピンをご用意しています。

L型アンカーピン
地面の硬い現場に
J 型 ピン
捲れに強い
U 型 ピ ン
柔らかい地盤に
U型ピン先端返し
埋設物破損防止に
④粘着テープの貼り付け
⑤構造物や端部の処理
⑥構造物や木などがある場合

施工後の現場

これで作業完了です。
現場によって追加で必要な作業が発生するケースもありますが、通常の現場であれば上記の施工フローで問題ありません。 雑草はわずかな隙間からでも生えてきてしまうので、上記の作業を怠るとその隙間から雑草がどんどん生えてきます。
防草シートの効果を最大限発揮するためにも、上記施工フローをぜひご参考ください。

トップページに戻る